Latest Tweets:

japaneseaesthetics:

Sliding door on traditional building.  Japan

japaneseaesthetics:

Sliding door on traditional building.  Japan

(Source: miariin, via yellowblog)

k-nakama:

井上房一郎邸…。

実は、この家は、
名作住宅の、
そっくりそのままの、コピーです…。

オリジナルは、
アントニン・レーモンドの自邸…。

この家を建てた、井上房一郎という人と、
建築家レーモンドの関係についても、
いろいろと、お話はあるのですが、
それはまた、別の機会に…。

ともかく、
1951年、
当時建ったばかりの、
レーモンドの自邸を訪ねた井上房一郎は、
その設計をとても気に入り、
図面の提供を受け、さらに、大工に実測をさせ、
翌1952年、
東西は反転していますが、
そっくりそのままのコピーを、
設計者公認で、建ててしまったというわけです…。

中に入ってみると、
建物を支える丸太が、
むき出しになっています…。

元々は、戦後まもなく、
材料不足の時代の工夫として、
安価な足場用の丸太を剥いて、組上げる手法が、
レーモンドによる、
この表現のはじまりだったのだそうです…。

ただ、
その直截さ、単純さ、経済性など、
レーモンドが大切にしていた建築の原則が、
非常によく表現されていたためか、
その後も多用されることになり、
今では、このスタイルは、
「レーモンド・スタイル」、
なんて呼ばれるようにもなりました…。

建物の真ん中辺りには、
屋根の架かった、
中庭(パティオ)があり、
庭に向かって、
大きく開かれています…。

庭の自然を、居住空間の一部、
と考えていたというレーモンド夫妻は、
しばしば、ここで食事をしていた、
といいます…。

実際、
レーモンドについての本を見ると、
必ず載っている、
ここで食事をしているレーモンド夫妻の写真があります…。

両側は、建物に囲われ、
透明な素材の屋根が架かり、
その先には、庭の緑が見えるパディオで、
テーブルについて、夫婦で食事をしている、
大層気持ちがよさそうな、いい写真です…。

外観も、落ち着いていて、
和風な感じもありながら、
どこか、モダンな感じもあります…。

レーモンドの事務所に、
在籍していたこともある、
前川國男の自邸なども思い出されます…。

ここに、
日本の、木造モダン住宅の源流の一つがある、
ということなのかもしれません…。

実は、
このレーモンド自邸のコピー、
この井上房一郎邸以外にも、
もう一軒あるのだそうです…。

日本住宅公団による名作団地、
今ではなくなってしまった阿佐ヶ谷住宅の設計に関わり、
レーモンドの事務所にも在籍していたことのある、
津端修一さんの自邸が、それです…。

オリジナルの、レーモンド自邸の方は、
今では残っていないのですが、
2つのコピーの方は、現存していて、
その雰囲気を今に伝えている、というわけです…。

こんなかたちでの、
名作住宅の保存のされ方というのも、
アリかもしれませんね…。

http://knakama.seesaa.net/article/388077076.html

(via sei-884)

subtilitas:

Werner Tscholl - Mumelter house, Bozen 2000. Photos (C) Alexa Rainer.

nonconcept:

Hut T on Lake Yamanaka by Kazunari Sakamoto.

(Source: homelimag, via r3darch)

*65

(Source: ebreday-life, via yellowblog)

archatlas:

Werkhaus Schütze Thomas Kröger Architekt

(via euphues)

(via yellowblog)

heartisbreaking:

shadow by ayako07 on Flickr.

heartisbreaking:

shadow by ayako07 on Flickr.

(via yellowblog)

taka3:

untitled by Matsuura on Flickr.

taka3:

untitled by Matsuura on Flickr.

(via yellowblog)

subtilitas:

Roedig Schop3XGRÜN, a prefabricated timber collective housing project completed in collaboration with the Institute of Urban Timber, Berlin  2012. Via.

subtilitas:

Roedig Schop - A52/Ten in One, Berlin 2005. This multi-unit project is an earlier example of “baugruppen,” in which individuals group together to collectively fiance and construct the project, cutting out the developer/excessive profit to create a well designed affordable housing model. See a video on this particular project, and BFC’s comprehensive explanation and examination of the baugruppen (1, 2, 3, 4, 5, 6). Photos (C) Stefan MullerGianni Plescia.

subtilitas:

David Adjaye - IBA housing, Hamburg 2013. An interesting project for the firm; the structure is designed out of prefabricated solid timber walls and floors. Via

cldesignstudio:

theydesign:

Pablo & Rusty’s café by Giant Design, Sydney.

images by Andrew Worssam

love this! great job